BARD ENTRIO Efficient …’¯…’¼…’‰¢® …’â„¢…’³…’†…’¾…‾¢®ST ... 3¯¼â€°Tollens
BARD ENTRIO Efficient …’¯…’¼…’‰¢® …’â„¢…’³…’†…’¾…‾¢®ST ... 3¯¼â€°Tollens

BARD ENTRIO Efficient …’¯…’¼…’‰¢® …’â„¢…’³…’†…’¾…‾¢®ST ... 3¯¼â€°Tollens

  • View
    0

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of BARD ENTRIO Efficient...

  • ヘルニアに関する情報が欲しい!…と思ったら

    にご登録ください。

    BARD® VENTRIO®ST バード® ベントリオ®ST 腹壁ヘルニア修復用メッシュ

    BARD® VENTRIO®ST Featuring Sepra Technology

    ◉事前に必ず添付文書を読み、本製品の使用目的、禁忌・禁止、警告、使用上の注意等を守り、使用方法に従って正しくご使用ください。 同製品の添付文書は、弊社WEBサイト及び独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の医薬品医療機器情報提供ホームページでも閲覧できます。 Bard、バード、VENTRIO、ベントリオ、PERMAFIX、パーマフィックスは、C. R. Bard社の登録商標です。 Davol、デイボールは、DAVOL社の登録商標です。 製品の仕様・形状等は、改良等の理由により予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

    References: 1)Amid PK, et al.: Biomaterials for abdominal wall hernia surgery and principles of their applications. Langenbecks Arch Chir. 1994; 379(3): 168-71. 2)Novitsky YW, et al.: Meshes in hernia repair. Surg Technol Int. 2007; 16: 123-7. 3)Tollens T, et al.: Prospective analysis of ventral hernia repair using the Ventralight™ ST hernia patch. Surg Technol Int. 2013 Sep; 23: 113-6. 4)Iannitti DA, et al.: Technique and outcomes of abdominal incisional hernia repair using a synthetic compositemesh: a report of 455 cases. J Am Coll Surg. 2008 Jan; 206(1): 83-8.

    承認番号:22700BZX00250000 クラス分類:[4] 高度管理医療機器 一般的名称:吸収性ヘルニア・胸壁・腹壁用補綴材 償還区分:繊維布・ヘルニア・腹膜欠損

    ORDERING INFORMATION ■販売名 バード ベントリオST

    カタログ番号

    5950030

    5950040

    5950050

    5950070

    5950080

    5950090

    5950060

    仕  様 規  格

    ■代理店

    http://www.medicon.co.jp http://www.hernia.jp

    本   社

    大阪営業所

    東京営業所

    大阪市中央区平野町2丁目5-8 (平野町センチュリービル9F)

    大阪市中央区平野町2丁目5-8 (平野町センチュリービル4F)

    東京都台東区上野5 - 6 - 1 0 (台和上野ビル8F)

    06(6203)6541(代)

    06(6203)6770(代)

    03(5812)3511(代)

    札 幌  011(281)7422 名古屋  052(722)4373 福 岡  092(526)6677

    仙 台  022(295)6762 広 島  082(924)7277

    製造販売業者

    Efficient

    豊富なサイズ展開 幅広い形状とサイズ展開で、欠損部の大きさや位置など、 さまざまなヘルニア修復術のニーズに対応しています。

    ポジショニングポケット付きの独自のデザインによって、正確な位置決めと留置が行いやすくなります。また固定用デバイスと 併用することで容易な固定操作が可能となり、効率的な修復が行えます。さらに、モノフィラメント ポリプロピレンメッシュ 層と組織との結合を短期間で強固に行えるため、長期的な効果を得られます。

    F.2015.11.2,000 T.Y. Copyright©2015 Medicon, Inc. All Rights Reserved.C0534

    固定用デバイスとの併用性 ・ バード® ソーバフィックスTMの吸収性ファスナと、バード® パーマフィックス®の非吸収性ファスナとの併用が可能 ・ 開腹下および腹腔鏡下修復術に対応

    本品のメッシュ前層のポジショニングポケット に、バード® ソーバフィックスTM ファスナを固定 させた画像。Bard社内資料。ヒトにおける有用性 に関連するものではありません。

    8.0×12.0cm 楕円形

    11.0×14.0cm 楕円形

    13.8×17.8cm 楕円形

    19.6×24.6cm 楕円形

    22.1×27.1cm 楕円形

    27.4×34.9cm 楕円形

    15.5×25.7cm 楕円形

    包装単位

    1入

    1入

    1入

    1入

    1入

    1入

    1入

    S

    M

    L

    LL

    3L

    4L

    サイズ

    サイズ

    サイズ

    サイズ

    サイズ

    サイズ

    MIDLINE

    バード® パーマフィックス® バード® ソーバフィックスTM

  • Easy 小さな切開で簡便な手技が可能な 独自のデザイン

    Proven

    留置直後 2週間後

    腹壁瘢痕ヘルニア腹腔内留置術 • 腹腔内留置では、手技時間の短縮と患者の回復時間の短縮が期待できます4)。 • 剥離を少なく抑えるため、感染やセローマの発症を低減できます4)。 • 吸収性リコイルリングにより、パッチの挿入と適切な留置が行いやすくなります。 • 挿入後、自己展開し、腹壁に対してパッチを平らに留置できます。吸収性リコイルリングは時間の経過とともに完全に吸収されます。

    バード® ベントリオ®ST ポリプロピレンメッシュが接する腹壁側は、 組織が内方成長することにより、脆弱組織を補強します1)。 セプラ技術の生分解性コーティングが施された腸管側は、 組織との癒着を低減することが期待できます。

    セプラ技術(生分解性コーティング) 生分解性コーティングはSepra技術を採用しています。 ・ 生理食塩液に1~3秒浸すことでゲル化する生分解性コーティング により、腸管など組織との癒着低減が期待できます。

    ・ 生分解性コーティングは留置後30日程度で吸収されます3)。 ・ 吸収性のPGA繊維により、ポリプロピレンメッシュと生分解性コー ティングの接合を強めています。

    吸収性リコイルリング(ポリジオキサノンモノフィラメント) ・ ポリジオキサノン(PDO)モノフィラメントは縫合糸など一般的な外科手術用品として使用 されています。

    ・ 吸収性リコイルリングにより、パッチの挿入と適切な留置が行いやすくなります。 ・ PDOモノフィラメントは加水分解によっておよそ6~8ヵ月で吸収されます。

    同様の吸収性リコイルリングをもつバード® ベントリオ®をブタに使用した試験※

    1週 8週 16週 32週

    ■Cross Section View

    PGA繊維 生分解性コーティング ポリプロピレン

    組織像

    ラージポア・ライトウエイトの モノフィラメント ポリプロピレン製メッシュ ・ 術後の不快感低減が期待できます2)。 ・ メッシュ内に組織が取り込まれることにより 脆弱組織を補強します

    (拡大画像)

    ■バード® ベントリオ®STを留置した画像※

    ※Bard社内資料。ヒトにおける有用性に関連するものではありません。

    外植片の肉眼的観察

    ■ゲル化した後の生分解性コーティング