CC-Dم‚·مƒھمƒ¼م‚؛ - Panasonic 2 CC-Dم‚·مƒھمƒ¼م‚؛ن¸€è¦§ م‚·مƒھمƒ¼م‚؛ ن¸€èˆ¬ ه†·è”µ CC-D5020 CC-D7020 CC-D9020

  • View
    2

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of CC-Dم‚·مƒھمƒ¼م‚؛ - Panasonic 2 CC-Dم‚·مƒھمƒ¼م‚؛ن¸€è¦§...

  • 取扱説明書 クーリングコイル(業務用)

    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・仕様 23~39 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・付属品寸法 40

    ・ ・ ・ ・ ・ ・製品取付天井寸法 41 ・ ・ ・ ・ ・ ・製品電気回路図 42~44

    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・配線図 45~54

    電気配線工事について ・ ・ ・ ・ ・ ・

    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    15 試運転について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・15

    このたびは、パナソニック製品をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。

    ● 取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください。 ご使用の前に「安全上のご注意」(3~ 5ページ)を必ずお読みください。

    上手に使って上手に節電

    もくじ ご使用前に 安全上のご注意 3~ 5 各部のなまえ 6

    16~18

    その他 ご使用方法・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    点検とお手入れのしかた ・ ・ ・ ・ 19 修理を依頼される前に ・ ・ ・ ・ ・ 20 修理について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・21~22

    設置について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・7~ 14

    操作のしかた

    据付けのしかた

    品番 CC-Dシリーズ

  • 2

    CC-Dシリーズ一覧

    シリーズ

    一般

    冷 蔵

    CC-D5020 CC-D7020 CC-D9020 CC-D14020 CC-D19020 CC-D24020

    CC-D7020Z(受注生産) CC-D11020Z(受注生産) CC-D15020Z(受注生産)

    CC-D7020HZ(受注生産) CC-D11020HZ(受注生産) CC-D15020HZ(受注生産)

    CC-D5020H CC-D7020H CC-D9020H CC-D14020H CC-D19020H CC-D24020H

    CC-D3020LH CC-D4020LH CC-D6020LH CC-D9020LH CC-D12020LH CC-D15020LH

    CC-D5029CP(受注生産) CC-D7029CP(受注生産) CC-D9029CP(受注生産) CC-D14029CP(受注生産) CC-D19029CP(受注生産)

    CC-D5029HCP(受注生産) CC-D7029HCP(受注生産) CC-D9029HCP(受注生産) CC-D14029HCP(受注生産) CC-D19029HCP(受注生産)

    CC-D7020FH CC-D10520FH CC-D14020FH CC-D17520FH

    CC-D6020W(受注生産) CC-D9020W(受注生産)

    ア ル ミ ニ ウ ム

    オ フ サ イ ク ル

    4.0

    4.0

    4.0

    6.35

    6.35

    6.35

    10.0

    10.0

    オ フ サ イ ク ル

    ヒ ー タ ー

    ヒ ー タ ー

    +25℃以下 +3℃超

    +3℃以下 -10℃まで

    +25℃以下 +3℃まで

    -10℃以下 -40℃まで

    +3℃以下 -10℃まで

    ヒ ー タ ー

    ス テ ン レ ス

    冷 凍

    冷 蔵

    業態別 (重防食仕様)

    ※業態別(重防食仕様)クーリングコイルについては、仕様欄をご参照ください。

    品番(機種名) フィンピッチ(mm) 霜取り方式 使用温度範囲 (℃) 外装ケース

  • 3

    次のことを守る 〈火災や感電のおそれ〉

    次のことをしない 〈火災や感電のおそれ〉

    ●電源は専用回路を設ける。

    ●傷つけない、破損しない、加工し  ない、無理に曲げない、引っ張ら  ない、ねじらない、束ねない。  また、重い物を載せたり、挟み込ん  だりしない。 ●ぬれた手で電気部品に触れない。

    ■電源線は…

    漏電 遮断器アース

    端子 配線用 遮断器

    電源線アース線

    分電盤 電源

    本機

    ■電気工事について… 専門業者に依頼する ●電気工事とは… ● 漏電遮断器を取り付ける。 ● 配線用遮断器を取り付ける。 ● 分電盤のアース端子に接続する。 ● 電気工事は「電気設備に関する技術  基準を定める省令」に従い電気工事  士の有資格者が行なう。 (火災や漏電のおそれがあります。  アースが不完全な場合は、感電のおそ  れがあります。)

    アースを接続する ●アース工事は必ず専門の業者に依頼  してください。

    〈漏電時に感電のおそれ〉

    アース接続

    異常・故障時には直ち に使用を中止し、電源 回路を切る 〈発煙・発火、感電のおそれ〉 ●漏電遮断器が自動的に「切」になる。 ●運転中、焦げ臭いにおい、異常な音  がする。 ●電源線が異常に熱い。 ●災害で製品が水没した場合。 ●ビリビリと電気を感じる。

    ●すぐにお買い上げの販売店にお問い合わせ  ください。

    異常・ 故障例

    禁止

    「死亡や重傷を負うおそれが  ある内容」です。

    「軽傷を負うことや、財産の損害が  発生するおそれがある内容」です。

    してはいけない内容です。 実行しなければならない内容です。

    警告 注意 ■ お守りいただく内容を次の図記号で説明しています。

    人への危害、財産の損害を防止するため、必ずお守りいただくことを説明しています。 ■ 誤った使い方をしたときに生じる危害や損害の程度を区分して、説明しています。

    警告

    安全上のご注意 必ずお守りください

  • 4

    次のことを守る

    〈引火・爆発のおそれ〉

    次のことをしない

    次のことを守る

    次のことを守る

    〈ショート・感電のおそれ〉 ●ドレンホースに巻いてあるヒーター  を切断しない。 (H、HZ、HCP、FH、LHタイプ)

    ■お使いのときは…

    次のことを守る

    ■設置のときは…

    ●必ず電源回路を切る。

    ■お手入れや  整備・点検のときは…

    ●吹出口・吸込口・可動部に指や棒を  入れない。

    〈火災や感電のおそれ〉

    〈やけど・けがのおそれ〉

    〈けが・感電のおそれ〉

    〈引火爆発・火災のおそれ〉

    ●揮発性・引火性のある物は庫内に入  れない。 ●可燃性スプレーを製品の近くで使用  したり、可燃物を置いたりしない。 ●製品の外側や庫内に直接、水をかけた  り、水洗いしたりしない。 ●ぬれた手でスイッチを操作しない。 ●分解や修理・改造は絶対にしない。

    ●ガス漏れに気づいたら製品やスイッ  チに手を触れない。

    ●製品の外側にねじなどを打ち付け  ない。

    ●ガス漏れに気づいたら窓を開け換気  する。

    ●食品の一時保存用として使用する。

    禁止

    次のことをしない

    ●据え付けは専門業者に依頼してくだ  さい。専門業者以外で工事をされる  と水漏れ、感電、火災の原因になり  ます。 ●重量に充分耐える水平な所に確実に  据え付ける。

    ●水のかかりやすい場所に据え付けな  い。 ●屋外で使用しない。

    ■保管・廃棄時は…

    ●テープやロープなどで扉が開かないよ  うに固定する。 (閉じ込めなどのおそれがあります。)

    ●使用を終了した製品は、万一の落下防  止のため放置せずに撤去をする。

    ●雨水のかからない場所に保管する。 (漏電、感電のおそれがあります。) ●製品の廃棄は専門業者に依頼する。  詳しくはお買い上げの販売店にお問い  合わせください。

    ●子供が遊ぶ可能性のある場所には放置  しない。 (閉じ込めなどのおそれがあります。)

     

    禁止

    次のことをしない 禁止

    警告

    ●お買上げ製品は、仕様欄を確認し  適切な温度範囲で使用する。

    ■使用温度範囲を守る

  • 5

    安全上のご注意 必ずお守りください

    ●排水工事を確実に行う。

    ●温泉地や海岸付近での使用・保管は、  故障の原因になることがあります。 (硫酸分や塩分が多いため)

    ■お使いのときは… ■設置・移動・保管・  廃棄時は…

    ●腐食性ガスを発生する食品は、無包  装のまま貯蔵庫に入れない。

    ●運転中の製品に手を触れない。

    〈酸素欠乏のおそれ〉

    ●露出している配管や配線には触れな  い。

    〈やけど・感電のおそれ〉

    ●異常運転停止の場合には、商品の温  度上昇を防止する。  商品の移動もしくは貯蔵庫内にドラ  イアイスなどを入れる。

    ●貯蔵物は運転中の製品に触れない場  所に貯蔵する。

    〈貯蔵物梱包材の劣化のおそれ〉

    ●漏電遮断器は、定期的(一年に一回以  上)に動作確認をしてください。点検  方法はお買い上げの販売店、またはお  客様ご相談窓口にお問い合わせくださ  い。

    ■お手入れのときは…

    禁止

    注意

    ●可燃性ガスの漏れるおそれがある場  所へは設置しない。

    禁止

  • 6

    各部のなまえ

    ケース側板正 面

    裏 面

     

Recommended

View more >