Technical Information … ’¼…‱…’³…‵…¾¨…¾®Ethernet©â‚¬‘†Œ Technical Information

  • View
    2

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of Technical Information...

  • Technical Information

    記載内容は、お断りなく変更することがあります。

    Daqstation DX1000/DX1000N/DX2000 シーケンサとの Ethernet 通信 (MELSEC-Q シリーズ )

    TI 04L41B01-05JA 2015.6 3 版(YK)

    TI 04L41B01-05JA

  • TI 04L41B01-05JA

    i

    2015.06.05-00

    はじめに 本書は、三菱電機 (株 ) 社製のシーケンサ (MELSEC-Qシリーズ )と当社ペーパレスレコー ダDX1000/DX1000N/DX2000( 以下、DXと呼びます )を Ethernet 通信で接続し、データ を送受信する方法について説明したものです。ラダープログラムのサンプルを掲載して いますので参考にしてください。

    ■ ご注意 ・ 本書の内容は、性能・機能の向上などにより将来予告なしに変更することがあります。 ・ 本書の内容に関しては万全を期していますが、万一ご不審の点や誤りなどお気づき

    のことがありましたら、お手数ですが、当社支社・支店・営業所までご連絡ください。

    ■ 商標 ・ 本書で使用の当社製品名またはブランド名は、当社の商標または登録商標です。 ・ Adobe、Acrobat、および Postscript は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステ

    ムズ社)の商標です。 ・ 本書で使用の各社製品名は、各社の商標、または登録商標です。 ・ 本書では各社の登録商標または商標には、™ マーク、® マークは表示していません。

    ■ サンプルプログラムについて ・ 本書に記載されているプログラムは参考用として作成したもので、動作を保証する

    ものではありません。 ・ 本プログラムを利用することによって生じた如何なる障害も、当社では責任を負い

    かねますのでご了承ください。 ・ 本書に掲載されたプログラムへの技術的サポートは行っておりませんので、ご了承

    ください。 ・ ご使用に当りましては、必ず対象製品のユーザーズマニュアルをお読みいただきま

    すようにお願いいたします。

    3rd Edition : Jun. 2015(YK) All Rights Reserved. Copyright © 2010-2015, Yokogawa Electric Corporation

  • 目次-1

    TI 04L41B01-05JA 2015.06.05-00

    Daqstation DX1000/DX1000N/DX2000 シーケンサとのEthernet通信 (MELSEC-Qシリーズ)

    TI 04L41B01-05JA

    目次 はじめに ............................................................................................................... i

    1. シーケンサとの通信接続の概要 ............................................................1-1 1.1 通信接続 ............................................................................................................1-1 1.2 シーケンサによる操作例..................................................................................1-1

    2. 使用機器とシステム構成 .......................................................................2-1 2.1 システム構成.....................................................................................................2-1 2.2 機器 ....................................................................................................................2-2

    3. 設定 .........................................................................................................3-1 3.1 MELSEC-Qの設定 ..............................................................................................3-1 3.2 DXの設定 ...........................................................................................................3-4

    4. 通信の基本 ..............................................................................................4-1 4.1 DXのレジスタ ...................................................................................................4-1 4.2 Modbus/TCP .....................................................................................................4-1 4.3 通信処理 ............................................................................................................4-2 4.4 シーケンサからの送信 .....................................................................................4-3 4.5 シーケンサでの受信 .........................................................................................4-5

    5. サンプルプログラム ...............................................................................5-1 5.1 サンプルプログラムの概要 ..............................................................................5-1 5.2 MELSECの内部リレーとデータレジスタ ........................................................5-2 5.3 DXの測定チャネルの測定データを読み出す ..................................................5-4 5.4 DXの通信入力データに値を書き込む ...........................................................5-12 5.5 DXのメモリスタート/メモリストップをする ...............................................5-26 5.6 DXにフリーメッセージを書き込む ...............................................................5-33 5.7 注意事項 ..........................................................................................................5-43

    6. 付録 .........................................................................................................6-1 6.1 ファンクションコード一覧 ..............................................................................6-1 6.2 Modbus/TCPメッセージ ..................................................................................6-1 6.3 DXのレジスタマップ ........................................................................................6-4

    改訂情報 ............................................................................................................... i

  • TI 04L41B01-05JA

    1. シーケンサとの通信接続の概要 1-1

    2015.06.05-00

    1. シーケンサとの通信接続の概要

    1.1 通信接続 弊社ペーパレスレコーダDXを、三菱電機 (株 ) 社製のシーケンサ (MELSEC-Q シリーズ ) と Ethernet 通信で接続します。Modbus/TCP を使い、シーケンサから、DXのデータの読 み出し /DXへデータの書き込みを行うことができます。

    DX

    Ethernet (10BASE-T)

    Modbus/TCP

    MELSEC-Q

    1.2 シーケンサによる操作例 ・ DXの測定データを読み出すことができます。 ・ DXへデータを書き込んで、測定データとして表示 /保存することができます。 ・ DXのアラーム、内部スイッチの検出ができます (リリースナンバー 3以降のDX)。 ・ DXのイベントエッジスイッチ /イベントレベルスイッチの操作ができます (リリー スナンバー 3以降のDX)。

    ・ DXの記録スタート (メモリスタート )/ 記録ストップ (メモリストップ )の制御、DX へのメッセージ書き込みができます (リリースナンバー 3以降のDX)。

  • TI 04L41B01-05JA

    2. システム構成 2-1

    2015.06.05-00

    2. 使用機器とシステム構成

    2.1 システム構成 MELSEC-Q、GX Developer、およびDXの Ethernet 接続例を下記に示します。( ) 内は、機 器のローカル IPアドレスです。 本書では、通信のインタフェースとして、三菱電機 (株 ) 社製シーケンサの Ethernet ポー ト内蔵QCPUを使用する場合について説明しています。DXには Ethernet 通信機能が標 準で備わっています。

    3. DX

    Ethernet(192.168.0.10) (192.168.0.11)

    (192.168.0.20)

    2. GX Developer

    HUB

    1. MELSEC-Q

  • TI 04L41B01-05JA

    2-2 2. システム構成

    2015.06.05-00

    2.2 機器 No. 機器名 説明 1 MELSEC-Q シリーズ

    シーケンサ ベースユニット、電源ユニット、Ethernet ポート内蔵QCPU。三菱電機(株)社製。

    Q シリー ズ

    ユニバーサルモデル Q03UDECPU以降

    ※ QCPU(A モード )使用不可 ※ Q対応 Ethernet インタフェースユニットでも可能ですが、設定 /ラダー プログラムが少し異なります。詳細はMELSEC-Qシリーズのマニュアルを ご覧ください。

    2 GX Developer( を 搭 載した PC)

    統合プログラミングツール。三菱電機 (株 ) 社製。

    3 DX DX1000、DX1000N、DX2000

    機種 形名 チャネル数 測定チャネル 演算チャネル* 通信入力データ*

    DX1000 DX1002 2 12 24 DX1004 4 12 24 DX1006 6 24 24 DX1012 12 24 24

    DX1000N DX1002N 2 12 24 DX1004N 4 12 24 DX1006N 6 24 24 DX1012N 12 24 24

    DX2000 DX2004 4 12 60 DX2008 8 12 60 DX2010 10 60 60 DX2020 20 60 60 DX2030 30 60 60 DX2040 40 60 60 DX2048 48 60 60

    * 演算機能が必要です。

    関連する付加仕様 機能 付加仕様コード

    演算機能 /M1または /PM1

  • TI 04L41B01-05JA

    3. 設定 3-1

    2015.06.05-00

    3. 設定

    3.1 MELSEC-Qの設定 三菱電機 ( 株 ) 社製の GX Developer を使用してMELSEC-Q を設定します。本書では、 Ethernet ポート内蔵QCPU ( 例:Q03UDECPU) の設定について説明します。

    1. GX Developerを起動します。 2. プロジェクト新規作成を選択します。 [QCPU(Qモード)]、[Q03UDE]を選択します。プ